2015年8月31日

意外と知られていない?現代の風評被害対策

ネットにおける情報の広まり方

風評被害対策というとネット上から生まれた情報を排除したり、情報拡散を防ぐ働きが現代ではほとんどといっても良いぐらいです。それぐらいネット上で風評被害が広まることは脅威であり、対策方法を知っておかないと損をする可能性が高い事なのです。現代における情報の広まり方は情報の発信源のアクセス数が多いほど対策が必要となります。有名なホームページ、ブログ、SNSなどで広まった場合、それらの対処の早さが対策の鍵といえますね。

具体的な風評被害対策について

具体的な対策として、情報を配信しているサイトやサービスの管理人に通報するといった方法があります。最近では記事、画像、動画などの排除依頼を受け付けているコンテンツもサービスによってはあるので、それらを活用しましょう。しかしながら管理人の対応が遅いといったケースもあるので、それを予想して行動することも大切です。ケース次第では風評被害対策を専門としている業者に任せるのもオススメです。対応の早さを売りにしている業者もありますよ。

風評被害対策と法的措置

その情報が風評被害にあたることを自覚して行動している個人ユーザーもなかには多いです。その場合は法的措置を取ることも念頭に置き行動しましょう。法的措置に踏み切るのは基本的には再発防止が目的で、同じユーザーからの悪評などを防止することが重要となるケースもあります。ちなみに会員制のサービスであれば、二度と会員になれないように処置してもらえるケースもありますが、そういった対策は会員登録のシステムにもよるところがあるので注意しましょう。

風評被害対策は、風評被害が広まる前に行うのがベストですが、実際には検索エンジンの評価を下げることが対策になりやすいです。